スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/114-90306dde
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from LGR

Home > スポンサー広告 > HDキャプチャーボードはどれを買えばいいのか?

動画キャプチャー

HDキャプチャーボードはどれを買えばいいのか?

  • 2009-05-28
昨日のエントリーを書いていて気づいたのですが、最近、Intensity PROが大幅に値下げされたようで、なんと、21,980円で買えるそうです。2年間前の発売直後は5万以上したのに……。ただ、ショップによってはまだ昔の値段のまま売られているので注意しましょう。

※ちなみにPROじゃない旧バージョンのIntensityは、ラインナップから消えてます。

メーカーのBlackmagic Designのページでは21,980円の文字が。
http://www.blackmagic-design.com/jp/products/intensity/

代理店であるFocal Point Computerではまだ41,980円のまま。
http://www.focal.co.jp/product/detail.html?id_Product=1821

アマゾンなどでもまだ高いまま。
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=intensity+pro&tag=googhydr-22&index=aps&field-adult-product=0&hvadid=2988352307&ref=pd_sl_1net4ywvv4_e

価格.comだと19,845円で売っている店もある様子。
http://kakaku.com/item/05551610574/

さて、現状、HD画質に対応したキャプチャーボードで人気があるのは、

・HDRECS/実売9万円前後(定価99,750円)
・Intensity PRO/実売2万円前後(定価21,980円)
・PV4/実売2万~4.5万程度(定価18,800円)※現在は生産終了しプレミアが付いている
・MonsterX/実売1.5~2万程度(定価オープン)

の4つだと思います。

今までは、2万円前後の安い価格帯のHD対応キャプチャボードは、「PV4」か「MonsterX」の2つのみでした。ただ、PV4は人気商品で入手も困難、加えてほとんどのショップでプレミア価格が付いており、基本的には「MonsterX」しか選択肢がない状態でした。しかし、Intensity PROが2万円台に値下げしたことによって、購入する側としては選択肢が広がったことになりますね。

ちなみに、この4つの中で一番性能のいいものは当然HDRECSです。価格も9万とお高いですが、唯一のハードウエアキャプチャに対応しており(他はソフトウエアキャプチャ)、パソコンのスペックもそれほど気にしなくても利用できます。また、さまさまな入力端子に対応しているので、どんな用途でもたいてい対応できるでしょう。

Intensity PROとMonsterX、そしてPV4でどれがいいのかは一概には言えません。利用するパソコンのOSは何を使っているのか、CPUのスペックはどれぐらい必要なのか、接続端子はPCIなのかPCI Expressなのか、必要な映像入力端子はHDMIなのかコンポーネントなのかD端子なのか、キャプチャ用途はプレイ動画の録画なのかテレビ番組の録画なのか……。それらをきちんと整理しないと、無駄なものを購入してしまう恐れがあります。
ちなみに、2ちゃんのとあるスレに「HDキャプチャーカード番付」という以下のようなコピペが貼られています。ただ、この番付が作られたのは1年以上も前で、現状とは部分的に違う内容が含まれている可能性があるので注意してください。

------------------------------------------
【SKNET】Monster X Part17【D4対応/AAC ok!】スレより
http://unkar.jp/read/pc11.2ch.net/avi/1197607565

HDキャプチャカード番付

1位:HDRECS
   HDMIやD端子など入力豊富でハードウェアエンコード、動作超軽高画質。
   GSとで最安値でそろえても10万円はくだらないブルジョア向けの最高位カード。
   ただし公式ソフトがかなり糞。

2位:Intensity
   HDMI対応で無劣化高画質、Pro版D端子の白飛び以外の
   目立った不具合もあまりなく、Vistaや64bitにも対応。
   公式ソフトは糞だがhunuaa使いなら問題なし。
   GS込みで5万円コースだがその価値はある。

3位:PV3/PV4
   PCI接続で帯域の問題があるとはいえ、使い勝手の良さで人気。
   当初の不具合も解決されていっている。
   帯域の問題でほかのPCIデバイスが一切使えなくなるのでその点だけ困る。

■壁■
4位:MonsterX
   スタンバイ復帰問題、画素ずれバグ、色化け、設定消滅など
   (環境にもよるが)不具合てんこ盛りなのにメーカーは一切やる気無し。
   さすがはディフェンスに定評のないSKNet。
   画質が良いことと、光入力があること、神による周辺ソフトの充実でなんとか評価できる。
   でもせめてバグは画素ずれだけでも解決されなかったら、二度とSKNetの製品は買わねえ。ヽ(`Д´)ノ


------------------------------------------

一応フォローしておきますが、これを読んだだけで「MonsterXは最悪」という判断はすべきではないと思います。MonsterXだけ意図的に悪い部分が強調されて書かれているので注意してください。それぞれのキャプチャーボードには明確なメリット/デメリットがあるので、逆に言えば、人によってはMonsterXが一番いいという場合もあると思います。

また、そもそもHD画質でのキャプチャに必要性はあるのか、といった部分も考えておいたほうが良いでしょう。たとえば、プレイ動画をWeb上で配信したいとかなら、HD画質で撮る必要性は少ないため、SD画質のキャプチャーボードでも十分だと思います。少しでもキレイな動画で取りたい!という人なら当然HD画質に対応したものがよいですが、その分予算もかかり、パソコンの各種スペックも求められ、色々とクリアしないといけない問題が発生しやすくなります。

私のように、Intensity PROを買ったはいいが、結局新しい最新のパソコンを購入しないとまともに使えないなんてことになると、「最初からHDRECSを買っておいたほうが全然安く済んだじゃないか!」なんてことにもなりかねません。

まあ、個人的には、Xbox360のプレイ動画を撮るという前提で、それなりのスペックがあるパソコンを持っているならば、2万円台で買えるようになったIntensity PROがオススメです。HDMI入力に対応しているし、手軽にキャプチャーできますしね。

ただ、日本語マニュアルなどは一切なく、使い勝手にもやや癖があるので、問題なくキャプチャーできるようになるまでは自分でいろいろと調べる必要があります。なので、パソコン初心者はあまり手を出さないほうがいいかもしれません。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/114-90306dde
Listed below are links to weblogs that reference
HDキャプチャーボードはどれを買えばいいのか? from LGR

Home > 動画キャプチャー > HDキャプチャーボードはどれを買えばいいのか?

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。