スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

キルン URL 2009-09-16 (水) 10:10

ちょもうできてるw。
はいわたくし「お難しいんでしょ」と思っておりました。
おれがわるかったー!

リリー URL 2009-09-16 (水) 21:16

キルン氏も長年Valveゲーやってる人なんだから
ちょっとやってみてくださいな。
いつか、お互いのカスタムマップを見せ合えたらいいですな。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/129-134bc557
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from LGR

Home > スポンサー広告 > L4Dのカスタムマップを試しに作ってみた

●L4D/L4D2

L4Dのカスタムマップを試しに作ってみた

  • 2009-09-16
前の記事でL4Dのカスタムマップ製作のチュートリアル動画について軽く触れましたが、個人的にちょっと興味が沸いたので、実際にL4Dのカスタムマップを製作できる「Left 4 dead Authoring Tools(L4D専用の開発ツール)」をSteamでダウンロードして使ってみました。

※Left 4 dead Authoring Tools自体は無料ですが、実際にはL4D本体が必要となります。

チュートリアル動画をひと通りチェックして、解説されていることをそのまま真似しながら小一時間ぐらい格闘していたら、セーフルームからセーフルームへ移動するという超シンプルな箱型マップが完成。

こ、これは思ったよりもずっと凄いツールじゃないか……。正直なところ、こんなに手軽だとは思いませんでした。実際、このブログ記事を書いている時間より短い時間で完成しています(笑)。

流れとしては、付属のマップエディタ「Hammer Editor」で簡単なマップを作って、必要最低限の要素(スタート地点とゴール)を配置、コンパイルしてゲーム側でマップを起動し、コンソールコマンドでナビメッシュ(NPCの移動経路になるマス目のようなもの)を自動生成後、うまくエラーを回避できるように何度かマップやナビメッシュを調整すれば一応完成です。L4Dの場合、特に何もしなくてもゾンビなどが勝手に沸いて動くので、普通に遊べてしまうのがいいですな。

navWS000113.gif

今回のような超シンプルなマップは、やってることも非常に単純なので、興味があれば誰でもできるんじゃないでしょうか? 基本的にL4Dの素材をすべて利用できるので、自分で3Dモデルを作る必要は一切ありません(もちろん、腕に自信があれば自作することも可能)。ドラッグ&ドロップ操作で箱型のマップや壁を作って、必要なオブジェクトやテクスチャーを配置し、セーフルームの扉など特殊なものは個別に機能を設定していけばいいだけです。

個人的には、ツクール系のツールより手軽にはじめられる印象を持ちました。マップさえ作れば、あとはAi Directorがゾンビをコントロールしてくれるので、一応ゲームとして成立してしまうという、L4D自体のゲームシステムもカスタムマップを作りやすくしている要因でしょう。

ただ、今回は素晴らしいチュートリアル動画があったからこそ作業が簡単だったわけで、何も資料がない状態で利用するのはほぼ無理だと思います。また、チュートリアルにないような要素を組み込もうとした場合は、一気に敷居が高くなり、海外を含めたネット上の文献をくまなく調べる必要が出てくるでしょう。まあ、これはどんな開発ツールでも同じですが。

私も、これだけシンプルなマップにも関わらず「セーフルームの扉を地面にきちんとくっつけたいけど、どうしてもズレてしまうのはどう処理すればいいのか?」だとか、「そもそもこれを他人に渡したいときはどうすればいいのか?」だとか、疑問が山ずみのまま作ってました。まあ、技術的なことはよくわからんけど、自分の環境で動けばいいやというレベルですね。

navWS000114.gif

navWS000115.gif

恐らく、私も含めほとんどの人が「カスタムマップ作成なんて、お難しいんでしょ?」と勝手に想像していたと思います。しかし今回の実験で、カスタムマップ作成は誰でも手軽に始められることを体感しました。いきなり大規模なマップを作るのはさすがに無理だとしても、身内同士で遊ぶようなシンプルなネタ系マップなら、ちょっと勉強すればなんとか作れるかもしれないですね。

普段L4Dのコンソールでチートコマンドを色々いじって楽しんでるぐらいの知識があれば、今回の私がやったような作業は本当に簡単です。興味のある人は、前の記事で紹介したチュートリアル動画をしっかり見て、暇な週末などにぜひチャレンジしてみてください。

しかし、ValveはMOD文化を大切にしているメーカーだとはいえ、ここまで使いやすい開発環境を整えているとは……。Valveのゲームをたくさんやってきた私としては、いままで知らなかったのが恥ずかしいですな。



スポンサーサイト

Comments:2

キルン URL 2009-09-16 (水) 10:10

ちょもうできてるw。
はいわたくし「お難しいんでしょ」と思っておりました。
おれがわるかったー!

リリー URL 2009-09-16 (水) 21:16

キルン氏も長年Valveゲーやってる人なんだから
ちょっとやってみてくださいな。
いつか、お互いのカスタムマップを見せ合えたらいいですな。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/129-134bc557
Listed below are links to weblogs that reference
L4Dのカスタムマップを試しに作ってみた from LGR

Home > ●L4D/L4D2 > L4Dのカスタムマップを試しに作ってみた

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。