スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/146-cdd2fcd2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from LGR

Home > スポンサー広告 > 2009年勝手にベストゲーオブイヤー

ゲームレビュー

2009年勝手にベストゲーオブイヤー

  • 2009-12-28
年末ということで、今年プレイしたゲームで印象に残ったものをいくつかの部門に分けてピックアップしていきたいと思います。あくまで「私が自分で今年プレイしたもの」なので、やや古いゲームが含まれていたり、単に暇な期間にプレイしたゲームの評価が高かったりと、かなり選定基準はあいまい。ただ、ひとつ言えるのは、きっちり最後(もしくはそれに近い状態)まで遊んだものだけを選定に入れているということ。ゆえにつまらなくて途中で投げたものは評価対象にしてません。もちろん、これ以外にも今年発売された面白いゲームはたくさんあると思うので、その辺はご了承いただきたい。また、基本的にXbox360とPCゲームの作品がメインとなります。

※なお、リンクしている動画はYouTubeから適当に拾ってきたもので、私のプレイ動画ではありません。

---------------------------------------
●ベストオブプレイ時間ゲーム
---------------------------------------
・Left4Dead&Left4Dead2(Xbox360+PC版)


L4Dはとにかく昨年からリアルフレンドとプレイしまくったゲーム。Xbox360でフレンドとひと通りエキスパートをクリアし、さらにPC版では別のフレンドとカスタムマップなどを含めて遊びまくった。気の知れた友達とゲームを遊べば楽しいのはあたりまえなのだが、それを差し引いても協力プレイ前提のゲームとしては珠玉の一品だと思う。まだ慣れていない頃にエキスパートを10時間ぐらい格闘してようやくクリアした時は、ゲーム人生の中でもトップクラスの充実度だった。日本だとXbox360とPCというマイナー機種でしか出ていないのが残念。もっと日本のユーザーに遊んで欲しいんだけどなあ。ちなみに、続編のL4D2は、出たタイミングが年末に近かったため、リアルフレンドがみな忙しく一度も一緒にプレイできてきない。年末年始の暇なときに誰か一緒にやってください……。

・BattleField1943(Xbox360)


マップが少なかったり、BFとしては参加人数が少ないという不満点もあるが、それでもかなり長時間プレイした対戦ゲーム。使用できる兵科が3つ、弾も体力も自動回復という、BFシリーズの中では大胆なカジュアル化が行われており、最初は「本当に面白くなるのか?」と疑問に思っていた部分もある。しかし、自分の大好物であるコンクエルールが気軽に楽しめるというのがツボにはまった。シンプルゆえに兵科バランスも抜群に良く、理不尽なやられ方もしないのも好印象。競技性を求めると確かに奥は浅いのだが、FPSはすでにカジュアルなゲームジャンルとして普及しているし、個人的にもそうすべきだと思うので、誰でも楽しめる対戦ゲームとしてはこのぐらいがちょうどいいのだろう。1,500円でダウンロード専用販売という挑戦的な販売スタイルも評価したい。


---------------------------------------
●ベストオブカジュアルゲーム
---------------------------------------
・Peggle(Xbox360+PC版)


上からパチンコ玉を1発だけ撃ち、ピンに当てて消していくだけという、ブロック崩しとパチンコを混ぜたようなシンプルなゲーム。面クリアごとに交響曲第9番(歓喜の歌)が流れるという大げさで馬鹿らしい演出が気分を盛り上げ、ついついプレイしてしまう魅力を持っているのだ。Xbox360版を先に購入したが、またやりたくなって別バージョンのPC版も購入するほどのお気に入り。個人的にはBGMも70年代っぽい渋いアレンジだったりして好みなのだ(この動画のBGMは普通だけどね)。ちなみに本作品のメーカーであるPopcapは、カジュアルゲーに特化した有名メーカーで、他にも「Plants vs. Zombies」という高評価ゲーを出している。iPhoneなどを含めた各プラットフォームでダウンロード販売が普及した関係で、こういったカジュアルゲームが主力になっていく可能性も高いので、今後とも注目していきたいところである。

・Trials HD(Xbox360)


数々の難関コースをクリアしていく横スクロール型のモトバイクトライアルゲーム。操作はアクセルワークと物理演算を使った体重移動のみと至極シンプルなのだが、ゲーム後半に登場するコースの難易度が異常で何度も死にまくる。しかし、死んだ場所のすぐ前から即リトライできたり、他人のリプレイを気軽に見れたり、レース中にフレンドの走行タイムとの差を表示してくれたりと、プレイヤーのモチベーションをうまく盛り上げてくれる仕組みが秀逸なので、何百回も挑戦してしまいたくなるのだ。難易度の高いゲームが嫌われがちになる現在のゲーム業界で、これだけユーザーに評価されているという点でも特筆すべき作品だろう。


---------------------------------------
●ベストオブがっかりゲーム
---------------------------------------
・Biohazard5(Xbox360)


正直なところそもそも期待はしていなかったが、その低い期待以下になってしまった作品。最先端の洋ゲーから拝借したような演出が多く、すべてが凡庸に映ってしまったといわざるを得ない。こういったHDゲーにおいての海外と日本の決定的な差は、決して技術力ではなくて、エンターテイメントとしての演出力なんだろうなあという印象を持った。また、「ベヨネッタ」でも感じたのだが、日本のHDゲームは「ゲームらしいゲーム」のお約束を何も考えずに入れてしまって、世界観のリアリティを損なうことが多い。たとえば、途中まで走ってくるけど主人公の目の前でお行儀よく立ち止まるゾンビとか、いくら撃っても弾を華麗に避けるイベントボス戦とか。これらは時代劇とかヒーロー戦隊ものとかから来ている「お約束」なのかもしれないが、ゲームの世界がリアルになるほど不自然に感じてしまう。世界観を壊さないようにしている作品が増えている中(L4Dのゾンビはマジで殺しに来ているように見えるし、DeadSpaceのHUD表現などはゲーム的表現を排除しようとしている)、こういった「ウソ臭い表現」は、うまく考えて入れてくれないと個人的には興ざめしてしまうのだ。

・CoDMW2(PC海外版)


もちろん今年登場したゲームの中でもトップクラスに良くできていて面白い。しかし、CoDシリーズをすべてプレイしている一ファンとしては、前作(CoD4)のインパクトと比べると微妙に感じてしまう部分があったのも事実。ゲーム界に多大な影響を与えた、スクリプト演出によるシングルFPSというスタイルは、これで一旦ひと区切りしたのではないのだろうか? 空港のテロシーンや最後のナイフを抜く演出など、いろいろと印象に残るシーンも確かにあるのだが、さすがにゲーム体験の方式としては飽きてきてしまった。マルチプレイも全体のバランス(過剰なキルストリークや時間のかかるレベル上げなど)に疑問を感じていて、今回はほとんどプレイしていない。前作よりもさまざまな要素が増えてはいるのだが、結果的にうまくかみ合っていない印象なのだ。深読みするとメーカー側の不安が、この「なんでも要素をプラスしてしまえ」というサービス精神につながっているのではと感じてしまったほどである。次回作のマルチは、ぜひ引き算的なシンプルな調整を望みたいところ。なお、今回の新要素であるCoopモードは意外と面白いらしいのだが、未プレイなので今回は評価していない。また、日本語版もほとんどプレイしていないので、スクエニのローカライズに関しても評価外である。


---------------------------------------
●その他印象に残っているゲーム
---------------------------------------
・FUEL(Xbox360)


ギネス級の広さをもつ箱庭をオフロードでかっ飛ばせるフリーダムなレースゲーム。かなりの凡作なのだが、ちょうど仕事が暇なときに遊んでいたので総プレイ時間が結構長くなった。理不尽で難易度の高いレースを「とにかくクリアしてやる」という意地だけで、最後までクリアしていったのはいい思い出。正直苦痛でしかないのだが、ある意味ファミコン時代のような純粋な(?)トライアンドエラー作業を思い出させてくれた一本でもある。ただ、素材はいいので、もう少し作りこめば面白いゲームになったであろう可能性は感じている。

・428(Wii)


※プレイ動画はなんかメーカーがかなり消しているっぽいのでOP映像を(ネタばれ避けるためだろうけど、ゲームの魅力が口コミで伝わりにくいからいまさらメリットないと思うんだけどなあ……)。

2009年の正月に知人から借りてプレイしていたチュンソフト渾身のサウンドノベル。ゲームとしては大変よくできていて、同ジャンルの作品群の中では最高潮のデキだとは思う。しかし、サウンドノベルという表現方法に限界も感じた一品。サウンドノベルというスタイル自体が新しかった時代はそれだけで面白かったけど、結局ストーリーを楽しむならDVDとか映画見たほうがエンターテイメントとして優秀だなあ……と元も子もないことを思ってしまった。これは最近話題になったXbox360の「シュタインズゲート」でも感じたこと。ゲームでしか表現できないこともあるとは思うんだけど、単純に最後までプレイするのに時間がかかりすぎるし、プレイヤーの選択でストーリーが変わるっていったって、結局単なるフラグ立て作業になるだけでいまさら魅力ではないという感じなんだよなあ。



……といった感じです。今年も結構な本数を遊んだと思うんだけど、意外と印象に残っているものはありきたりなものばかりですな。来年はもう少し掘り出し物っぽい作品も遊んでみたいところではあります。ちょうどSteamの年末年始セールもやっているところなので、いろいろと今年やり逃したゲームを探索中してみようかな。



スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/146-cdd2fcd2
Listed below are links to weblogs that reference
2009年勝手にベストゲーオブイヤー from LGR

Home > ゲームレビュー > 2009年勝手にベストゲーオブイヤー

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。