スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

urantablet URL 2011-04-23 (土) 07:33

グリーンゾーン最初のBの攻防時は偵察ドローンの有無が相当でかいですな。あそこはがっちり固められると相当キツいですし。

SRやLMGならすぐ落とせるんですがSMGだともう無視するしかなひ・・・

リリー URL 2011-04-23 (土) 08:20

マーキングされると、四方八方から銃弾が飛んできますからねー。

今度は偵察ドローンと攻撃ヘリ型ドローンの同時運用とかチャレンジしてみよう。偵察ドローンで敵のドローンを見つけたらマークして、運転手をヘリドローンでやっつけるとか……明らかに効率悪いか。

しかし、urantabletさんの対戦部屋を見つけると、いつも入ろうとするんですけど、マッチングがおかしいのか全然入れませんなあ。

urantablet URL 2011-04-25 (月) 02:12

バグなんですかねー。自分もリリーさんとこになんどか入ろうとしたんですけどそのたびに待ちぼうけ食らってました。
本体置きざりで透明人間状態で敵陣に突撃しちゃうバグもあったりでパッチが欲しいところですなー。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/190-10f49c63
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from LGR

Home > スポンサー広告 > 【HOMEFRONT】GCルールでの索敵ドローン運用について

ゲームレビュー

【HOMEFRONT】GCルールでの索敵ドローン運用について

  • 2011-04-23
ちょっと普通の戦いに飽きてきたので、偵察ドローンを多用してみたら、いろいろと運用法がわかってきたので個人的にメモ。


●偵察ドローンの効果的な運用とは?

y566.jpg

グラウンドコントロール(GC)ルールでは、とにかく拠点を制圧することが最大の目的となる。なので、偵察ドローンの運用もまずは拠点制圧のサポートを基本とすべきだろう。

偵察ドローンは、基本的に自軍の拠点制圧メーター(?)が敵より優勢な状況で出すのが効果的だと思われる。自軍が明らかに負けていたり、状況的に押されている場合は、ドローンなど出さずに味方と共に拠点確保へ向かったほうがいい。拠点に行く兵士が少ない状況でドローンを出してもほとんど意味はないのだ。また、既に味方が偵察ドローンを2台以上出している場合も必要ないので、素直に拠点に向かおう。

偵察ドローン運用の基本としては、以下の3点だ。

・LB/RBで上下を繰り返して常に移動することを心がける
・敵に撃たれたら即低空で逃げるか物陰に隠れる
・味方の進軍や拠点制圧、防御中の状況において、近づく敵をスポットする

偵察ドローンは味方兵士のサポート役となるので、まずは敵の位置よりも味方がどこにいるのか、どこに向かおうとしているのかを把握すべきだろう。その上で敵をスポットすべきだ。

また、敵をスポットすると敵の画面にも通知されるため、熟練の兵士には偵察ドローンの存在が即バレてしまう。そのため、いかにドローンを目視されないようにスポットしていくかも課題となる。

その意味でも、今まさに味方に近づこうとしている敵を優先してスポットすることが重要だ。拠点付近の会敵エリアに近づこうとしている敵は、ほとんどが索敵に注力しているので上空をチェックする余裕が無い。また、スポット直後に殺されれば、スポットされたことさえわからないこともあるだろう。

※敵陣側を飛んで敵の背後を取るようにスポットするのも目視されにくいと言えるが、やはり敵の多いところを飛ぶのは落とされやすくなるので状況次第といったところ。

逆に、味方の位置とはまったく関係ない敵陣リスポン近くの敵をスポットするのは厳禁。偵察ドローンの存在がバレて対処されやすいだけでなく、画面上の無意味なスポットマークによって味方が敵位置を把握しにくくなる大きなデメリットがある。基本的にはやらないこと。

ちなみに、味方が強力な搭載兵器を出したときにも偵察ドローンが効果的。重戦車の場合、戦車周りを低空で飛びつつ付近の敵兵をスポットしてあげれば、ほとんどの敵兵は戦車に近づけなくなる。一方、攻撃ヘリの場合は、敵陣リスポン付近をスポットしてあげると対空ドローン(ライノ)などを出される前にヘリが倒してくれるだろう。ただし、攻撃ヘリのサポートは拠点制圧にあまり絡まないので、優先順位としては低い。

もちろん、敵のドローンや搭乗兵器なども積極的にスポットしておきたい。特に敵の偵察ドローンは見つけ次第スポットしておくと、味方が処理しやすくなるはずだ。

なお、無闇に上空を飛び続けるのはプロキシミティーランチャーで倒されるだけなので、これも良くない。移動時はできるだけ低空で滑空したほうが見つかりにくいので長生きできる。また、敵の対空ドローンが存在する状況だと即撃ち落されるので基本的には出さないほうがいいが、障害物が多いマップなら低く飛ばしながら遮蔽物に隠れつつ運用すれば意外といける。


偵察ドローン運用にオススメの歩兵スキル

y567.jpg

ドローンスピード:見つかった場合に逃げやすくなる
ドローン装甲:敵の銃弾をしばらく耐える
拡張バッテリー:長時間運用できる
爆裂ドローン:あまり意味はないが、芋砂の嫌がらせにたまに使える

なお、偵察ドローン用のカスタムを使っている場合は、自分自身があまり移動できないので、特殊兵装に航空支援系のものを入れておくといい。溜まったBPを効率的に消費できる。


●敵が偵察ドローンを常に出していてウザイ場合は?

y568.jpg

偵察ドローンにスポットされると、独特の電子音と共に画面左上にスポットマークが表示される。この状況だと敵に位置がバレバレなので、会敵しそうな場所では無闇に突っ込まないほうがいい。しばらく物陰に隠れていればスポットマークは消える。

偵察ドローンを見つけた場合は、付近が安全な状況なら銃で倒そう。ただ、武器によってはなかなか倒せないので無理はしないこと。スピーディに倒したいならプロキシミティーランチャーで落とす方がいいだろう。敵がしつこく偵察ドローンを出してくる状況なら、対空ドローンで対抗すれば楽に処理できる。


●まとめ

偵察ドローンは攻撃力を一切持たないので、基本的には防御的な使い方となる。自軍が押されている状況で偵察ドローンを出しても自チーム全体としての攻撃力は上がりにくく、ほとんどの場合はあまり意味がない。偵察ドローンで活躍できるのは、味方が拠点を積極的に攻めている状態か、防御している状態だろう。

また、撃ち合いが得意な人は、どんどん前線に出て拠点を制圧したほうが明らかにポイントもたまるしチームに貢献できる。あくまで各種ドローンはサポート役なので、生身の兵士以上に活躍することはできないのだ。

逆に言えば、撃ち合いが苦手な人にとっては比較的チームに貢献しやすいドローンなので、積極的に使ってみるといいだろう。

なお、偵察ドローンを出した際、まれにLB/RBが効かなくなるバグが発生する。この場合は、一旦ドローンを割り当てている十字キーを押して操作画面を抜け、再びドローン画面に戻せば治るようだ。


スポンサーサイト

Comments:3

urantablet URL 2011-04-23 (土) 07:33

グリーンゾーン最初のBの攻防時は偵察ドローンの有無が相当でかいですな。あそこはがっちり固められると相当キツいですし。

SRやLMGならすぐ落とせるんですがSMGだともう無視するしかなひ・・・

リリー URL 2011-04-23 (土) 08:20

マーキングされると、四方八方から銃弾が飛んできますからねー。

今度は偵察ドローンと攻撃ヘリ型ドローンの同時運用とかチャレンジしてみよう。偵察ドローンで敵のドローンを見つけたらマークして、運転手をヘリドローンでやっつけるとか……明らかに効率悪いか。

しかし、urantabletさんの対戦部屋を見つけると、いつも入ろうとするんですけど、マッチングがおかしいのか全然入れませんなあ。

urantablet URL 2011-04-25 (月) 02:12

バグなんですかねー。自分もリリーさんとこになんどか入ろうとしたんですけどそのたびに待ちぼうけ食らってました。
本体置きざりで透明人間状態で敵陣に突撃しちゃうバグもあったりでパッチが欲しいところですなー。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/190-10f49c63
Listed below are links to weblogs that reference
【HOMEFRONT】GCルールでの索敵ドローン運用について from LGR

Home > ゲームレビュー > 【HOMEFRONT】GCルールでの索敵ドローン運用について

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。