スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/20-d546a474
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from LGR

Home > スポンサー広告 > BF2142 日本人難民問題とアンロックシステムの問題点

ゲームレビュー

BF2142 日本人難民問題とアンロックシステムの問題点

  • 2006-10-26

今日は、現時点でBF2142の抱えている問題点を2つ挙げておこう。

------------------------------------------------------------------------------
■問題点01/日本人が快適に遊べるランクサーバが壊滅的
------------------------------------------------------------------------------
第一の問題は、現時点において日本国内に設置されているランクサーバが、
EA日本(EAJ)が立ちあげた、たったひとつしかない、ということ。

収容人数は36人ぐらいとすずめの涙ほどで、運が良くないと入れない。
しかも、よく落ちるという、あまり褒められた管理体制でないのだ。

ということで、日本人プレイヤーの多くは、
日夜ロサンゼルス、オーストラリアなどのランクサーバに海外遠征しているのである。

これらのサーバのPing値は、私の環境で130~180程度。
まあ、Ping150程度ぐらいだったら、遊べないことはないレベルなのだが、
ただでさえ負荷の多いタイタン内の攻防となると、
ひどい場合は、敵が常にワープしていてゲームにならない状態になったりする。

さらに、Hi-Pingプレイヤーはどこのサーバでも嫌われるので、
いくつかのサーバでは、国籍でフィルタリングしたり、
Hi-Pingプレイヤーをキックするようになってきた。

そう、日本人がそこそこ快適に遊べるランクサーバが
サービス開始1週間も経たずに、少しずつ減ってきているのである。

EAJがサーバを増強すれば多少解決する単純な話なのだが、
これは、どうにかならないものか……。

※近日中に、EAJサーバが増強されるという噂もあるが、本当かどうかは不明。

※10/26追記
この難民問題は近日中に解決されるようだ。詳しくはこちら。
http://lgr.blog56.fc2.com/blog-entry-20.html

------------------------------------------------------------------------------
■問題点02/アンロックシステムは是か非か?
------------------------------------------------------------------------------
賛否両論のBF2142における「アンロックシステム」。
果たしてこれは、プレイヤーにとっていいシステムなのかどうか?
ちょっと考察してみよう。

○考えられるメリット
●ポイントを得て、欲しい武器をアンロックする大きな楽しみがある
●アンロックする方向性でプレイヤーの個性が多少出るので、愛着が沸く
●徐々にアンロックされていくので、長期間かけて楽しめる可能性がある
●ひとつひとつ解除される方が、初心者にとっては装備を使いこなしやすい

×考えられるデメリット
●ゲームの目的が、勝敗よりもポイントを得ることに傾いてしまう
●プレイ時間の長いプレイヤーが有利となる
●かなり長期間プレイしないとすべての武器が使えない

アンロックシステムは、「BF2142」をどう捕らえるかで
まったく印象が変わってくる。

FPS=競技派の人は、デメリットが目立つだろうし、
いままでのFPSと別次元のゲームとして楽しめるなら、メリットの方が目立つだろう。

個人的には、アンロックシステムの有利不利に関してはそれほど気にならない。
明らかに、アンロック装備が多いプレイヤーが有利とはいえ、
丸腰の兵士が、高いランクの兵士を倒す快感もあるはずだし、
どんな状況でも、立ち回りや運の要素で逆転できる(可能性がある)のが
BF2142のいい部分だと思う。
ただ、FPS初心者にとって、このアンフェアな状況はきついかもしれない。

それよりも気になるのは、ポイント主体のゲーム展開になりがちな部分。
ネット上でも、ポイントをどう稼ぐのが効率的か、と言う話題が中心になっており、
現時点では、「さまざまなバッチやメダル条件を取りつつ、タイタン攻防時には防御にまわる」
というのが定石になっている。

こうなるとチームの勝敗にこだわるよりも、個人でポイントを稼いだ方が得策、
という考え方が主体になってしまう。
その考え方だと、誰も居ない拠点で敵襲を考えて防御してるなんてもってのほかだ。

……まあ、ポイントを稼ぐのは結構楽しい要素ではあるんだけどね。

ただ、BFシリーズは、チームの勝敗にこだわったプレイも楽しいので、
そちらも体験しておきたいところ。
これはポイントの関係ない野鯖でプレイすれば解決できそうだが、
まだまだアンロックが終わってないので、
当分ポイントを稼がなくては……というプレイヤーが多そうだ。

で、アンロックシステムは是か非か? ……うーん。

アンロックシステムが最初からなかったらどうかと考えてみよう。
恐らく、あまりここまでプレイしていないかもしれない。
なんだかんだいったところで、勝敗よりもポイントという「わかりやすいもの」を得ることが、
ある種麻薬的な快感になっているのかもしれない。

考えようによっては、カード対戦ゲームに近いのか?
カードを手に入れれば入れるほど戦略が増えるし、
カード自体を増やす楽しみもある、みたいな。
……って、ちょっと違う気もするが。

たぶん、チームの勝利に貢献=ポイントゲット!という構図が、
もっとシンクロしていればいいのだが、
システム上、複雑すぎてあまり実現できていない、っていうのが、
このもやもやした違和感なのかも。

たとえば、個人の頑張りは一切無視して、勝利チーム全員に20ポイント、
敗北チームに5ポイント、ぐらいにシンプルしたら、
チームの勝敗=ポイントゲット!の構図により近くと思うけど、
これじゃ頑張ってる人に不公平感があってダメなんだろうなあ。

まあ、ポイント効率重視とチーム勝敗重視と、2つのプレイスタイルが楽しめる、
ぐらいに割り切ってプレイすればいい話なんだろうけどね。

これって、まさにMMOっぽい考え方だなあ、と思ったところで
あんまりまとまってないまま、今日は寝ます。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/20-d546a474
Listed below are links to weblogs that reference
BF2142 日本人難民問題とアンロックシステムの問題点 from LGR

Home > ゲームレビュー > BF2142 日本人難民問題とアンロックシステムの問題点

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。