スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/7-844787f3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from LGR

Home > スポンサー広告 > ファーレンハイト④

ゲームレビュー

ファーレンハイト④

  • 2006-04-25

■ ドラマの主人公を自分が演じているようなゲーム

陳腐で使い古された表現かもしれない。しかし、この『ファーレンハイト』では、これをかなり高いレベルで実現していると思うのだ。

言い換えれば、ゲーム内のキャラになりきってロールプレイできる魅力があるということ。

これは、没入度の高いストーリー(前半部分のみ)や、人間臭くて説得力のある人物描写のおかげである。

……と、言い切ってしまうと話が終わってしまうので、ここではゲームシステムの部分にも着目したい。

ゲームを「ドラマ」のように感じさせる要因としては、【時間の流れをとぎらせない演出】にある。また、「演じている」と感じさせるのは、キャラクターとプレイヤーとの【一体感を強くするシステム】にあると考えている。

より具体的な要素をおおざっぱに挙げると、

1) 台詞がフルボイスであり、スキップや巻き戻しなどができない
2) 選択肢を選ぶ際には必ず時間制限がある
3) 行動ができる時間に制限のあるシーンが多い
4) 扉を開けるなど、オブジェクトに対する操作が特殊
5) コマンド入力式の独特なアクションシーンなど

といったところだろうか。

箇条書きにしてみると、なんだかデメリットのように見えてしまうかもしれない。

……と、まあ、詳しくは次回以降に解説していこうと思う。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://lgr.blog56.fc2.com/tb.php/7-844787f3
Listed below are links to weblogs that reference
ファーレンハイト④ from LGR

Home > ゲームレビュー > ファーレンハイト④

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。